drool about merino wool

drool about merino wool

メリノウールに酔いしれて

メリノウールは、吸湿性・保温性・抗菌防臭性に秀でた天然の羊毛素材です。一般的な雑種のウールと比較して、メリノ種の羊から得られるメリノウールは繊維が非常に細く、編み上がった生地はソフトで滑らかな肌触りであるため、ウール製品にイメージする「チクチクして痒い」「肌触りが良くない」といった不快感がありません。これらの特性を活かし、ハイクやライドをはじめとした行動着やベースレイヤーとして、広く知られるようになりました。

高い保温性があるため冬に使う印象が強い素材ですが、同時に吸湿性と通気性に長けた性質を備えています。夏の暑い日には服の中の蒸れを防ぎ、気化熱によって熱を放出するため、気温の高いシーズンでも快適に着用ができ、これが体温調整に優れた機能を持つと言われる所以です。

ただしメリットばかりではなく、「大量の汗による濡れに対し、乾きが遅く生地がゴワつく」「摩擦に対する耐久性の低さや、ピル(毛玉)が発生しやすい」といったデメリットの側面があります。特にTシャツのような夏の一枚着の場合、日中のアクティビティで服を濡らしたり、バックパックやトレイルベストが直接服と擦れダメージを負うケースが懸念されます。

elusiveのサマーシーズンのメリノ製品は、これらの弱点を補うため、化繊を含む複合繊維のメリノウール生地を採用しました。耐久性のあるポリエステルを芯糸とし、その表面をメリノウールで覆った、コアスパンと呼ばれる芯鞘構造糸でできています。ポリエステルの芯糸は保水しないため、汗などの水分は乾きやすい生地の表面で毛細管現象によって素早く給水拡散し、生地の内部が半乾き状態になるのを防いでくれます。結果ウールの持つ防臭性をより高め、洗濯後の乾きも早くシワになりにくいため、旅行やキャンプツーリング時の荷物を減らす手段にも有効です。

カーゴビブショーツやハンドルバーバッグの登場で、バックポケットを持たないTシャツを着て走る選択肢が増え、スタイルの幅が拡がりました。ライクラ製のサイクルジャージとは違った快適性へのアプローチの道具。ぜひあなたのワードローブに加えてください。

メリノウール関連商品→

Back to journals